阿部監督の教え子からJリーガー誕生!!

11/11

この日はサッカーの日である日に、阿部監督の教え子で、八戸学院大学4年生の江幡俊介選手(MF・FW)が来シーズンからJリーグ ヴァンラーレ八戸に入団内定が決まり

契約を交わした後に記者会見が行われました。

会見には

学校法人光星学院 理事長 法官新一 様

八戸学院大学 学長 水野眞佐夫 様

八戸学院大学サッカー部監督 岩本寿生 様

ヴァンラーレ八戸代表取締役社長 下平賢吾 様

ヴァンラーレ八戸トップチーム監督 葛野昌宏 様

そして、2022シーズン ヴァンラーレ八戸内定選手の江幡選手が会見に出席致しました。

ーーご自身のストロングポイントを教えて下さい。

「ボールを受けた時にタメを作ることだったり、攻守においてハードワークができることだと思っています」

ーー内定の率直な感想をお聞かせ下さい。

「プロサッカー選手になることは小さい頃からの夢だったので、まずは夢を叶える事ができて素直に嬉しいという思いです。

自分だけの力ではここまで来れなかったので、今まで関わっていただいた方々に感謝の気持ちを忘れず、これからもプレーしていきたいと思います」

ーーどのようなプレーでチームに貢献したいですか?

「最後まで諦めない気持ちを全面に出すプレーを特徴としているので、そういったプレーでチームに貢献していきたいです」

ーー2022シーズンへ向けての意気込みを教えて下さい。

「少しでも早く試合に出場して、チームの勝利に貢献するプレーをしたいです。そして、地域から愛される選手になりたいです」

トップチーム監督 葛野監督の江幡選手の評価

「ユーティリティーなプレーヤーだと思うし、自分の特徴を遺憾なく発揮してほしい」

 

また、記者会見後に阿部監督がパーソナリティーを務めるえびすFM「えびスタFC」に電話出演していただき、心境や学生時代など語っていただきました

江幡選手はどんな選手だったか?

阿部監督

「1~10(DFからFWまであるいは、ボール運びやクロス、ラストパス、フィニッシュ、ボールを奪うなど)までやっとったね。

ボールあるところに顔を出すというかサッカーのフルピッチを縦横無尽に走っていた運動量豊富なイメージで、トップ下だろうが、ボランチだろうが色んな所に顔を出していた」

「それで、負けず嫌い。そういう所が色んな所に走るというか、運動量に凄く出ていたし、俊介の持ち味はトップスピードに乗った状態で相手を交わせること。

それって誰も真似できないんだよね。自分でもそれが持ち味だと思ってるでしょ?」

江幡選手

「そうっすね。ダッシュのスピードはそんな速くないですけどドリブルしてもスピード落ちないっすね」

阿部監督

「普通トップスピードに乗った状態で相手交わしに行ってフェイントとかかけたらスローダウンしてしまうんですよ。

その身体のバランスをとったりしなきゃいけないから。(車と一緒)でも、俊介は落ちないんだよね。

もっと詳しく言うと、スピードに乗った状態でドリブルするから相手DFは後ろ体重で対応しないと簡単に交わされてしまうんですよ。

でも、トップスピードに乗った状態でフェイントしちゃうから、相手が後ろ下がりながら揺さぶられるから、相手DFがしりもちついちゃうんだよね。」

江幡選手

「そうっすね。いっつも、もんじゃさん(阿部監督のニックネーム)が『ヘイ!しりもち!!』って言ってましたよね(笑)」

阿部監督

「未だかつて俊介みたいなトップスピードで相手交わせる選手は教え子の中で見たことないね」

ーー阿部さんってどんな指導者ですか?

江幡選手

「本当にちょっと言いづらいんですが(笑)阿部さんみたいな指導者に出会ったことがないですね。

本当に1番関わりやすくて、サッカーだけじゃなくてプライベートでも凄い色んな面白いこととか教えてくれて

尚且つサッカーは指導というよりも自由にやっていいよっていう感じでサッカーを楽しむことだけは忘れないでってことをずっと言われていて

それって凄く大事な事なので、今でも凄い大事にしていることなんですけど、サッカー楽しまないと良いプレー出てこないっていうことで

そこは1番特に言われてきたことで、細かい戦術はもちろん教わっていたんですけど、やっぱりそこが1番言われてきたことなので、今でもそこは大事にしてる。

あと、もんじゃさんは練習で自分が練習に混ざって一緒にサッカーするんで、そこも楽しかったです。」

阿部監督

「俊介たちが中2の夏の合宿の時に言ってきたことがあって、本来は監督が戦術を教えて行ったりしてたんですけど、自分たちが試合中に相手の戦術とか戦い方とかサッカーのやり方を理解した上で自分たちで戦術を組み立てなさい。それを試合中に修正して与えられた時間の中で結果を残しなさいと伝えてきたら、中3の時に凄い強いチームに変化したよね。もともと良かったけど、さらに伸びが増したよね!」

江幡選手

「凄かったですよね!」

(実際リーグ戦は道南ブロックリーグ13勝1敗で優勝。江幡選手は20ゴール以上を記録。高円宮杯北海道大会は我々は佐賀ではサガンリーグ2部相当のチームだったが、北海道リーグのチーム(こちらでは九州リーグ)を何度も倒しベスト4入り。全国大会まであと1歩だった)

 

来シーズンの活躍に期待しましょう!!

おめでとう!!

江幡俊介

苫小牧エルソーレFC→北海道大谷室蘭高校→八戸学院大学

中学時代

道南ブロックトレセン

道南ブロックリーグ優勝(13勝1敗・得点王)

高円宮杯北海道大会ベスト4

高校時代

北海道トレセンU-17

インターハイ全国大会出場

高校サッカー選手権北海道大会 準優勝

大学時代

U-19大学東日本選抜

COPYRIGHT (C) Footballpark-Sagayamato. All RIGHTS RESERVED.